自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

超自然・UMAのお部屋

お化け?妖怪?精霊?幽霊?その区分

投稿日:2017年10月18日 更新日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。
今回は不定期開催の超自然・UMAのお部屋になります。先日、幸運の使者 座敷童子 で、座敷童を幸運を呼ぶ精霊としてご紹介させていただいたのですが、友人であり、ブロガーでもあるNickNickさんから、精霊・お化け、霊、妖怪の区分が今ひとつわからん(=゚ω゚)ノ というコメントをいただき、他の方からも座敷童って精霊?妖怪?といったニュアンスのコメントを頂きました。座敷童においては私えたばりゅが妖怪に区分するのはちょっとな~~(;´・ω・)という独断と偏見から、精霊としてご紹介させていただいたのですが、確かにおっしゃる通り、お化け・妖怪・精霊・幽霊ってちょっと区分があいまいなところもあり、私えたばりゅも気になったので調べてみました(^^♪

今回はそのお化け・妖怪・精霊・霊の区分についてご紹介しようと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただければと思います。

お化け?妖怪?精霊?幽霊?

いや~~・・・でも、このあたりって本当になかなか区別しづらいですよね(;^ω^) ここでご紹介するのは巷では一応こういう区分になっていますよというある種の区画のようなものであり、その方によってその個体(って言っていいのかな?)の区分けは人によってそれぞれの解釈がある化も知れませんがw まぁ、そんなことを言ってしまえば、ブログがここまでとなってしまいますので、ちょっと色々調べたのをご紹介しようと思います。

精霊(せいれい)

精霊とは主に、私たち人間はじめとする動物、植物、無生物に至るまでに宿っているとされている超自然的な存在を指します。例えば有名どころでアラジンと魔法のランプ。このランプの精も精霊になり、妖精なども木々などの植物に宿る妖精の類になります。精霊として有名なものの一つに四大元素に宿る精霊が有名で、

  • 風の精霊・・・シルフ
  • 水の精霊・・・ウンディーネ
  • 火の精霊・・・サラマンダー(ウーパー氏ではありませんm(__)m)
  • 土の精霊・・・ノーム

といったものがあげられます。これらは人気RPG(ロールプレイングゲーム)のファイナルファンタジーシリーズではクリスタルとして登場、また同じく人気RPGのドラゴンクエストシリーズの7ではそのままの精霊として登場しております。スイマセン余談ですw

区画紛らわしい原因

とまあ、これが一応世界の一般的における精霊なのですが、日本語においては精霊と書いて「しょうろう・しょうりょう・しょうらい」と読むことがあり、その場合は故人の魂や霊を刺します。また、中国では精霊(せいれい)は妖怪や幽霊を指すことがあります。このあたりが精霊の区分をあいまいにしている原因なのかもしれませんね。

妖怪

妖怪とは私たちが知る日常的な力とはかけ離れた能力をもって私たちに影響を及ぼすとされている、超常的存在のことで、日本では妖怪といえば、どちらかというと私たち人にとって悪い影響を及ぼす存在のことを指すことが多いです。(鬼太郎とその仲間たちを除く)妖怪はその能力から、私たちにとっていたずら程度の影響で収まるものから、気象を操り私たちに多大な影響を及ぼす大きな力を持つものまで様々です。日本語では物の怪(もののけ)や妖魔(ようま)妖(あやかし)などと呼ばれたりもします。

古典的な妖怪を例に挙げると・・・

  • 九尾の狐
  • 小豆洗い
  • 天狗
  • 鎌鼬(かまいたち)

などが挙げられ、比較的近代的な存在では

  • 口裂け女
  • トイレの花子さん
  • 人面犬
  • 湯婆婆w


河童もUMAとされていたり、妖怪とされていたりと位置づけはマチマチですよね^^;

といった存在が有名どころでしょうか。少し前に記録的大ヒットを成し遂げた宮崎駿監督の映画、「もののけ姫」ももののけという言葉が用いられておりますが、こちらについては妖怪というよりは「精霊」といった意味合いで使用されていると私えたばりゅは思うわけでございます(`・ω・´)

幽霊

こちらは、けっこうお分かりな方も多いのではないでしょうか。幽霊とは主に死者の霊が現れたものを指します。こちらは日本だけでなく、諸外国にも伝承があり、その存在として守護霊など私たちを守護してくれる存在から、いわゆる悪霊と呼ばれる私たちに悪影響を及ぼす存在と妖怪に比べるとその存在意図は分かれる傾向があります。外国ではポルターガイスト現象など、こちらが何も触れていないにもかかわらず、物体が動いたりするような現象も見受けられ、こういったいわゆる悪霊に憑かれてしまった場合は、日本では霊媒師やイタコ・そして住職と呼ばれる存在。海外ではエクソシストと呼ばれる存在が除霊(浄霊)に当たるケースが多いです。

ただし海外では、必ずしも憑き物がついた場合は霊魂(幽霊)とは限らず、日本では悪魔と呼ばれる存在が憑くこともあり時にはかなりの上位悪魔が憑くケースもあります。そういった場合、その存在を払うことは容易でなく、その存在を払う際にはかなり高位のエクソシストが対峙することが多いです。

お化け

これは、いわば「動物」や「植物」といった類と同じ区切りで、日本ではこういった幽霊・妖怪・時には精霊をまとめた呼び名として使われております。ということで、お化けというのはいわば人知を超えた存在。私たちの理解のはるか上をいく存在をまとめて呼称されております。同じような意味合いを持つ言葉として、怪物などがあります。

こういったことから、通常のサイズより極端に大きいものにお化け○○とつけて呼ぶこともしばしばあります。例)お化けカボチャ、お化け人参、お化け大根などなど。

最後に

いかがだったでしょう。今回はちょっと区分けがあいまいな精霊・妖怪・幽霊・お化けの区分についてご紹介させていただきました。もちろん、これは一般的区分でありその方にとって天狗が精霊であれば、やはり天狗は精霊であると思います(^^♪ ですので、こちらの記事は参考程度に楽しんでいただけましたら幸いかと思います。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-超自然・UMAのお部屋
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幸運の使者 座敷童子

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は不定期開催の超自然・UMAのお部屋になります。今回ご紹介したいのは幸運の使者、座敷童子(ざしきわらし)。こちらはUMAではなく、精霊のようないわば超常的な存在 …

ある真夏の宿直での出来事

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近、急にめっきり暑くなりましたよね(;^ω^) 関西では、先日、ついに30℃超えを果たしました(T▽T) ついに真夏日到来ですね・・・。先日熱中症の記事でペットの …

恐怖w ナイトクロウラー

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は不定期開催の超自然・UMAのお部屋になります。前回は家畜の生き血を吸う恐怖のUMA チュパカブラを紹介し、このごろ少しずっしり系の記事が多かったのでここで、超 …

恐怖 吸血鬼チュパカブラ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は不定期開催の超自然・UMAのお部屋になります。今回は久しぶりにUMAのご紹介をしようと思います。今回ご紹介したいのは主に南米や中米などで目撃されている、チュッ …

UMA・そして超自然とは

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は不定期開催の、超自然・UMAのお部屋になります。・・・え??そんなカテゴリあったかって?? (ΦωΦ)ふふふ・・・・では、サイドバーのカテゴリ一覧をご覧あれw …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ