自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

番外編

動物系映画レビュー MEG ザ・モンスター観てきました

投稿日:

こんにちは(^^♪えたばりゅです。
今回はかねてより楽しみにしておりました、MEG~ザ・モンスター~を観に行ってきたので、そちらのレビュー記事になります。ですので、多少のネタバレなど含みますので、まだご覧になられていない方で先入観なしにこの映画を楽しみたい方は今回はスルーしていただけたらと思います。

ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたら嬉しいです♪

MEG~ザ・モンスター~ 太古の魔王は深い海の底で生きながらえていた。

世界で一番深い場所とされる、マリアナ海溝。

その深度に新たな新説を証明するため、とある海洋学者のチームがマリアナ海溝を探索中のこと。

 

何か謎の物体に襲われ、探索潜水船が操縦不能に陥り、深さ一万メートルを超える海底に閉じ込められてしまう。

 

チームメンバーの絶対的危機を救うべく、物語のヒロインが単身救出に向かう。

海底へとたどり着き、操縦不能になった潜水船を無事発見。

正に救助に差し掛かろうとした刹那、

大きな衝撃と共に、巨大な脚がヒロインが乗る、小型救助船に絡みつく。

その脚の主は、体長15mはあろうかという、巨大なダイオウイカだった。

ダイオウイカは、その圧倒的な力で小型救助船に絡みつき、どんどん船体を締め上げていく。

船体の耐圧力機能が限界を迎えようとしたとき。。。

ダイオウイカが突如血を吹き、力なく船体から、引きはがされていった。

ヒロインが安堵と共に、怪訝そうな表情を浮かべた直後。

 

更なる絶望がその姿を現すのであった。

 

ってな感じで、ストーリーが始まっていくのですが、、、

いや~(^^♪ めっちゃ面白かったですよ。

実は、この映画が公開されるにあたり、ココをどうカバーするのかなと、個人的に気になったところがありましてですね。

巨大すぎる現実離れした相手を題材にし、閲覧者に対して、どのように臨場感を与えるか

野生動物系のパニック映画の代表的存在に立つサメ。「ジョーズ」を筆頭にホホジロザメがピックアップされるケースが今までは非常に多かったのですが、今回は太古に絶滅した、メガロドンが登場します。

メガロドンに関しては、あなたもご存知だと思いますが、今から150万年前までに実際に海に生きていた、巨大なサメになります。

軟骨魚類なので、全身骨格が残っていなく、歯と顎の大きさから推測する他ないのですが、その体長は諸説ありますが、約15m前後と推測されており、中には20mを超えるという説もあります。

そして、歯の傾向が非常にホホジロザメと似通っていることから、

ホホジロザメがとんでもなく巨大になったサメがメガロドンという考え方をされております。標準和名もムカシオオホホジロザメっていうくらい。

15mというと、もうクジラ並みのサイズなんですよね。

そして、野生動物系のパニック映画では、やはり人が襲われ食べられてしまうシーンというのは、必ずといっていいほど、クローズアップされています。今までの主なサメ映画も然りで、このシーンでどれだけ、観るものの恐怖をあおることができるか。

というのは、この手の映画では、結構大事な要素かと思います。

もちろん、メガロドンも私たち人間からすれば、かなり恐ろしい存在ではあると思うのですが、こういう映画の題材からすると、少し臨場感が薄れてしまうような気がしてたんですよ。

なぜなら、巨大すぎるから。

メガロドンからしてみれば、私たち人間はイワシのようなもの。

メガロドンは当時生きていたクジラを襲って食べていたと考えられていますので、私たち人間だと捕食対象として考えるには、小さすぎるんですね。

要は一飲みで終わってしまうわけで。

ジョーズのように、人が恐怖と痛みに顔をゆがめながら、捕食されるということは、現実として考えてみると、ちょっと想像しにくいので、

この辺りの臨場感の乖離差をどう埋めるか。

この辺りも、非常に楽しみにしながら、この映画、「MEG~ザ・モンスター~」に挑んだわけですが、、、

敢えてそういうシーンを削る

実際見てみると、メガロドンという巨大な生き物が私たち人間に与えるとてつもない恐怖心を、かなりうまく描写している。

というのが、正直な感想でした。

あんまり話してしまうと、実際にこの映画をご覧になる楽しみが薄れてしまいますので、どのようなものでカバーしているのか。だけ、端的に申しますと、個人的見解で恐縮なのですが、

  • 突発性
  • 透明度
  • 対峙対象

というところであります。これを巧みに差し込んできており、巨大すぎる生き物が実際にこの世界の海にいたら。。。

という恐怖をかなりの臨場感で楽しむことができました。

この作品は、野生動物系でありがちな、捕食される際、人間の手足がもげ、吐血しながら食べられるといったような、ホラー映画顔負けのスプラッター的シーンよりも、そういったところにスポットを当てて(全然ないわけではありません)臨場感を醸し出していると感じたので、やはり相手が巨大すぎるゆえ、そういったシーンよりも、別のシーンにクローズアップしたほうが、観客の臨場感を醸し出せると判断したのかもしれませんね。

最近はCG技術も飛躍的に進歩しており、実際にいない、もしくは過去に絶滅した動物が、あたかも現代に闊歩している姿に見せることは当たり前。この手の映画は少しでも、「作りモノ感」を感じてしまうと、たちまちB級、C級のレッテルを張られてしまうのが現状。

その先で、どのような臨場感をもって映画に引き込めるか。

というところも、製作者の方々からするとネックになるのでしょうね。いや~・・・作る方々も大変ですよね(^^;

最後に

いかがだったでしょう。今回は現在公開中の映画、「MEG~ザ・モンスター~」について、拝見させていただき、個人的に感じたことをレビューさせていただきました。ストーリーとしても面白く、個人的には楽しめる映画でしたので、よければあなたもご覧になってみてはいかがでしょう。

あ、そうそう。メガロドンがなぜ、今まで生きていたのか。という理由設定もなかな面白い設定だなと感じました。

ではでは、今回はこの辺りで。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

~関連記事~

UMA メガロドン

ホホジロザメ 憧れのカリスマたち

↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-番外編
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハッピーホワイトデー(^^♪

こんにちは(^^)えたばりゅです。 本日は、ホワイトデーですね。私えたばりゅのこのような、つたないブログを拝見してくださっている女性の方々。本当にありがとうございますm(__)m そこで、お礼といって …

一周年(T▽T) お礼と今後の展望

こんにちは(^^♪えたばりゅです。 え~・・・このブログ記事をもって、365記事!すなわち・・・無事一周年を迎えることができましたッ(T▽T)(T▽T)(T▽T)これもひとえにこのような偏屈ブログをご …

いや~(T▽T) 年には勝てない

こんにちは(T▽T)えたばりゅです。 先日の朝方、宮城からの出張より戻りました。その間、当ブログに暖かいコメントをお寄せいただいた皆様、本当にありがとうございますm(__)m 出張先より無事帰還(T▽ …

後世に残したい風景 番外編 友との交流3

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、ぜひとも後世に残したい風景を写真に収め紹介するコーナーです。とはいえ、何分写真技術、乏しいうえでの撮影ですのでお見苦しい写真もあるかと思いますが、後世に …

自然界のバレンタイン事情

こんにちは。えたばりゅです(^^) 明日はバレンタインですね。私えたばしゅについては齢40を過ぎ、この日が近づくにつれ、バッファローのごとく鼻息を荒くしていたのも遠い昔( ^ω^)・・・ とはいっても …

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

生息地は神戸。
愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、現在とある夢に向かい、奔走中。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ