魅惑の野生動物たち

バーバリライオン 現生ネコ科動物最大の巨体を誇るライオンは絶滅していなかった!

こんにちは。えたばりゅです。

今回は、現生のネコ科動物の中では最大の巨体を誇るバーバリライオンという種類のライオンをご紹介したいと思います。

実は、このバーバリライオン。最近までは人間のせいで絶滅してしまったとされていたんですが、まだわずかに生き残っていることが分かりました。まさに「百獣の王」に相応しいその威風堂々たる獣王の復活の経緯も踏まえながら、その魅力をたっぷりとご紹介しようと思いますので、是非今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

バーバリライオン 見事な復活を遂げたアムールトラをしのぐ現生最大のネコ科動物

まず、バーバリライオンの基本情報を軽くお伝えさせていただくと、アフリカ北部に生息していた、ライオンの亜種で、現在同じアフリカに生息するライオンとは違い、インドに生息するインドライオンと同じく、森林地帯を好んで生活の場としていました。

オスのその体長はなんと3m、尻尾の長さを合わせると4mにも達する超大型のライオンで、別名アトラスライオン(Atlas Lion)ともいわれます。

アトラスはギリシア神話に登場する巨神族から由来しており、その体の大きさと威風堂々たるフォルムが巨神アトラスを彷彿とさせることからこの別名が付けられました。

この体長は間違いなく、現生ネコ科動物では最大の大きさになります。

バーバリライオンの大きさは野生個体で最大の大きさを誇るアムールトラをしのぐ

現生ネコ科動物の中で最大とされる種の一つにロシアで生息しているアムールトラがいるのですが、アムールトラのオスの最大クラスでも全長3.5mほどとされておりますので、バーバリライオンの大きさはアムールトラをもしのぐ巨体といえます。

ただ、現生ネコ科動物で「野生」に生息しているネコ科動物では、アムールトラがネコ科最大であることには変わりないんですね。

バーバリライオンは現在野生では生息していない

どういうことかと申しますと、バーバリライオンは冒頭で申し上げた通り、最近までは絶滅してしまっていたライオンとされていたんですね。

とはいっても、恐竜のように遥か昔に絶滅したのではなくて、1900年代まではその生存が確認されていたライオンなんです。その絶滅の原因はほぼほぼ人間とされてるんですね。

その威風堂々たる巨体がバーバリライオンを絶滅へと追い込むきっかけに

バーバリライオンは、他のライオンと比べて体が大きかったことから、古代ローマなどで見世物の対象とされていたんですね。そしてその時代はコロシアムという、剣闘士同士がその強さを競う娯楽がありました。

その剣闘士との対戦相手にライオンやトラ、クマといった大きくて強い動物が選ばれることも多くあって、その中の筆頭とされていたんです。

また、その巨体から今も残る悪習の一つである、スポーツハンティングの格好の標的とされてしまい、バーバリライオンは急速に数を減らしてしまいました。そして、1922年にコロンビアで生きながらえていたラストキングはハンターの凶弾に倒れ、バーバリライオンは絶滅してしまったとされていたんですね。

しかしながら、そこからバーバリライオンは奇跡の復活を遂げます。

再発見されたバーバリライオン

70年以上絶滅種とされていたバーバリライオンですが、1996年に廃業したサーカスで劣悪な環境下にいた3頭のライオンがイギリスの動物保護団体によって保護されました。その保護されたライオンたちの特徴がかなりバーバリライオンに酷似していたんですね。ただ、他のライオンとの混血種である可能性も浮上して、その真偽は定かではなかったんです。

ところが、モロッコの国王、ムハンマド5世が所有している私的動物園で飼育されているライオンがなんと、純血種のバーバリライオンであることが判明。このバーバリライオンはかつて献上品として持ち込まれたバーバリライオンたちの子孫だったんですね。

こうして絶滅してしまったとされているバーバリライオンは奇跡の復活を遂げました。現在はコロンビアの首都にある動物園で、純血種の繁殖プログラムが実施されています。

最後に

いかがだったでしょう。今回は奇跡の復活を遂げたネコ科最大の動物、バーバリライオンをご紹介させていただきました。一度人間の手によって絶滅に追い込まれたバーバリライオンが、人間の生活圏で生き延びていたというのは、何とも皮肉な運命を感じずにはいられませんよね。

長らく飼育個体として過ごしてきたので、野生個体として復活するのはまた更なる試練が待ち構えているかと思うんですが、バーバリライオンがまたアフリカの森林で暮らすことができるよう、絶賛応援していかねばですね。

では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

-魅惑の野生動物たち
-,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.