日本固有種の昆虫たち

日本の固有種一覧【昆虫 セミ編】

こんにちは。えたばりゅです。

こちらでは、日本に住む固有種(亜種含む)の昆虫、その中でも「カメムシ目セミ科」に属する昆虫の仲間をご紹介しております。

日本固有種の動物たち【カメムシ目 セミ科編】

レッドリスト区分については環境省が定める区分に則り掲載しておりますので、IUCN(国際自然保護連合)が定める区分とは相違がある場合があります。

また「【-】(ランク外、未評価)」に分類されている種においても、その多くの種が各地域別では準絶滅危惧以上の懸念があります。

詳しくは環境省が発信している日本のレッドデータ検索システムをご覧ください.

保全状況の区分けカテゴリに関する詳細はこちらでお伝えしております。

IUCN(国際自然保護連合)が定める保全状況の種類を分かりやすくご紹介

尚、種別の生息地につきましては、例外を除き、自然分布の地域を掲載しておりますので、現在生息地ではあるものの、人為的要素が絡む地域などは記載していない場合があります。

日本の固有種【昆虫 カメムシ目】セミ科セミ亜科

ニイニイゼミ属

※ニイニイゼミに属するニイニイゼミ(Platypleura kaempferi)は日本の他、中国、台湾、朝鮮半島にも生息していますので、今回は除外しております。

クロイワニイニイ(Platypleura kuroiwae
  • 体長:約1.8cm
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、沖縄県本島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ヤエヤマニイニイゼミ(Platypleura yayeyamana
  • 体長:約2cm
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ミヤコニイニイ(Platypleura miyakona
  • 体長:約1.8cm
  • 生息地:沖縄県宮古諸島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
イシガキニイニイ(Platypleura albivannata
  • 体長:約2cm
  • 生息地:沖縄県石垣島の一部林地帯
  • 環境省が定める保全状況:CR(絶滅危惧種 ⅠA類)

エゾゼミ族 エゾゼミ属

キュウシュウエゾゼミ【九州蝦夷蝉】(Lyristes kyushyuensis
  • 体長:約5cm
  • 生息地:広島県、高知県、愛媛県、九州
  • 環境省が定める保全状況:【-】※生息地域では多くの地域で絶滅危惧指定
ヤクシマエゾゼミ【八重山熊蝉】(Lyristes esakii
  • 体長:約3.5cm
  • 生息地:鹿児島県屋久島
  • 環境省が定める保全状況:【-】

エゾゼミ族 クマゼミ属

※クマゼミに関しては調査中

ヤエヤマクマゼミ【八重山熊蝉】(Lyristes yayeyamana
  • 体長:約7cm
  • 生息地:広島県、高知県、愛媛県、九州
  • 環境省が定める保全状況:【-】

アブラゼミ族

※アブラゼミ【油蝉】(Graptopsaltria nigrofuscata)英名:Large Brown Cicadaに関しては、中国、朝鮮半島にも生息しているため、今回は除外しております。

リュウキュウアブラゼミ【琉球油蝉】(Graptopsaltria bimaculata
  • 体長:約6cm
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖縄県本島、渡嘉敷島、久米島
  • 環境省が定める保全状況:【-】

ホソヒグラシ族ヒメハルゼミ属

ヒメハルゼミ【姫春蝉】(Euterpnosia chibensis chibensis
  • 体長:約2.5cm
  • 生息地:新潟県、茨城県から西の本州、四国、九州、鹿児島県奄美大島、屋久島、徳之島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
オキナワヒメハルゼミ【沖縄姫春蝉】(Euterpnosia chibensis okinawana
  • 体長:約2cm
  • 生息地:鹿児島県沖永良部島、沖縄県本島、伊平屋島、久米島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ダイトウヒメハルゼミ【大東姫春蝉】(Euterpnosia chibensis daitoensis
  • 体長:約3cm
  • 生息地:沖縄県北大東島、南大東島
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧 Ⅱ類)
イワサキヒメハルゼミ【岩崎姫春蝉】(Euterpnosia chibensis daitoensis
  • 体長:約2.6cm
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島、与那国島
  • 環境省が定める保全状況:【-】

ホソヒグラシ族ヒグラシ属

※ヒグラシ【蜩】(Tanna japonensis)英名:Evening cicadaに関しては、中国にも生息しているため、今回は除外しております。

イシガキヒグラシ【石垣蜩】(Tanna japonensis ishigakiana
  • 体長:約2.5~3.5cm
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)

ツクツクボウシ族ツクツクボウシ属

※ツクツクボウシ【寒蝉】(Meimuna opalifera)に関しては、東アジアにも生息しているため、今回は除外しております。

オガサワラゼミ(Meimuna boninensis
  • 体長:約3cm
  • 生息地:東京都小笠原父島、母島、弟島
  • 環境省が定める保全状況:【-】※東京都ではVU(絶滅危惧 Ⅱ類)
クロイワツクツク(Meimuna kuroiwae
  • 体長:約2.5~3.5cm
  • 生息地:与論島を除く鹿児島県大隅半島から沖縄県本島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
オオシマゼミ(Meimuna oshimensis
  • 体長:約3cm
  • 生息地:与論島を除く鹿児島県奄美大島、請島、徳之島、沖縄県本島北部、久米島
  • 環境省が定める保全状況:【-】※沖縄県本島では近年激減

日本の固有種【昆虫 カメムシ目】セミ科チッチセミ亜科

チッチゼミ族チッチゼミ属

チッチゼミ(Kosemia radiator
  • 体長:約2cm
  • 生息地:北海道渡島半島(北海道の尻尾のあたり)から九州にかけて
  • 環境省が定める保全状況:【-】

チッチゼミ族クロイワゼミ属

クロイワゼミ(Muda kuroiwae
  • 体長:約2cm
  • 生息地:沖縄県本島、瀬底島、久米島
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧 Ⅱ類)

こちらは随時更新中です。新しい発表や新しい種の発見、または種の追加があり次第アップさせていただきます。

-日本固有種の昆虫たち
-, ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.