動物雑学

【超防御力!】自らの体の一部を武器化して身を守る動物たち4選

こんにちは。えたばりゅです。

今回は屈強な捕食動物たちひしめく自然界で、日々自分たちの能力を駆使して身を守る被捕食動物たちの防御力にスポットを当てて、その中でも自らの体の一部を超強力な武器に進化させることによって捕食動物たちの爪牙から身を守る術を身につけた動物たちを、厳選して4種ご紹介したいと思います。

ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

超防御力!自らの体を武器化して身を守る動物たち4選

私たち人間はこの先、自分が食べられてしまうかもしれない。なんていう心配をする必要はほとんどありませんが、自然界ではそうはいきませんよね。

それは数多いる屈強な捕食動物たちが虎視眈々と食事にありつこうと目を光らせているからであり、少しでも油断しようものなら、たちまち彼らの糧となってしまいます。そんな恐ろしい捕食動物たちから身を守る為、動物たちは様々な手段を持って身を守っているわけなんですが、そんな中でも自分の体の一部をなんと強力な武器に変化させて捕食動物たちから身を守る術を身につけた動物たちがいるんです。

捕食者たちは自分たちを仕留めるため、強力なチカラはもちろんの事、恐ろしい爪や牙、刃物のような超鋭い歯を武器として襲ってきます。

そんな時、捕食動物たちに対抗できるよう、自分たちにも強力な武器があったら・・・

これは、襲われる可能性もググンと減りますし、万が一襲われてもこういった防御性能を持たない動物たちと比較しても、生き残れる可能性はグググンと高まるというもの。ではでは、そんな超防御力を身に着けたツワモノたちをご紹介していきましょう。

自らの体を武器化して身を守る動物たち1.牛の仲間たち

まず、屈強な体に鋭い武器を持っている動物といえば、牛たちをイメージされるのではないでしょうか。ウシ科に属する動物たち、バッファローやバイソンなどはもちろん、ヤギや羊に至るまで、頭部に超固くて、先端が鋭くとがった角を持っています。

この角は多くの場合、異性へのアプローチやディスプレイに使われたりするんですが、実は優れた自衛の武器にももちろん使われたりするんですね。

また、一部の種は幼獣を守るために、成獣たちがこの角が備わった頭を前にして円陣を組み、チカラの弱い者たちを守る習性を持っていたりするんです。捕食動物たちは基本的に弱った個体や力の弱い幼獣たちを優先して狙いますので、そういった個体たちを角と群れのチカラを存分に発揮させて守るというわけなんです。

特にバッファローやバイソンといった角も持っているし、巨大な体も持っている動物たちはその防御力はもちろんの事、性格も勇猛で、クマやライオン、オオカミといった強力な捕食動物たちを逆に撃退してしまうこともあるほど。

もちろん、この角の一撃を喰らえば、私たち人間も当然無事では済みませんので、くれぐれも彼らを怒らせないようにしましょうね。。。

自らの体を武器化して身を守る動物たち2.ゾウ

ゾウは【超防御力!】巨大進化して捕食動物から身を守る動物たち5選の記事でも登場しているんですが、やはりあの、超長い鼻の付け根から生えている2本の屈強な牙を見逃すことはできないでしょう。

ゾウは陸上生物では一番重量もあり、言わずもがな、あの巨体。成長すれば外敵はほとんどいなくなってしまうですが、ダメ押しはあの超長くて頑強な牙。

ゾウの牙は地中にある植物の根などを食べたい時、シャベルのような役割を果たすんですが、もちろん危険が迫った時には超強力な武器にも変貌します。特にアフリカゾウのオスの牙は時に3mを超える長さになることもあり、この強力な牙をもって自分の自衛能力を確固たるものにしているというわけなんです。

また、ゾウもバッファローなどのウシの仲間たちと同じく、この牙を前面に出し、力の弱い幼獣を捕食動物たちから守る習性も持っていますので、例え力の弱い子どもたちでも、群れの中にいれば安心というわけなんです。

自らの体を武器化して身を守る動物たち3.サイ

ゾウと同じく2度目の登場となるサイ。超強力な武器を持っている非捕食動物といえば、サイの頭部に生えた凶器ともいえるあの角も外すことはできませんよね。

サイの角は私たち人間の髪の毛と同じケラチンという物質で形成されていることは、結構知られたりしていますが、その防御力はもちろん段違い。サイの仲間の中では最大のシロサイの角は時にその長さが1.5mにも達し、先端が鋭くとがっていますので、かなりアブナイ武器となるんですね。

特にサイは耳はかなりいいのですが、目はあまりよくなく、視覚では目の前にある対象をよく見分けることができないんです。ゆえにうっかりサイの前に行こうものならば、敵と勘違いされて、吹っ飛ばされてしまうこともあるんです。

いかがでしょう。サイを怒らせたら、車でさえ傾くほど。こうしてみるとその力の強さは尋常ではないことがよくわかりますよね。

自らの体を武器化して身を守る動物たち4.アリクイ

では自分の体の一部を武器化して捕食動物たちから身を守る動物のトリを飾る動物のご紹介です。それはアリクイ。

・・・。

え、アリクイですか?

って思われたことと思います。確かにうえでご紹介した動物たちと比較すると、体は小さいかもしれませんが、実はアリクイも強力な武器を持っている動物なんです。

アリクイの仲間は、その名前のごとくアリなどの小さな昆虫を主食としているんですが、アリクイの前脚にはアリの固いアリ塚をガンガン崩せるように、超長くて超鋭い爪が備わっているんですね。

特にアリクイの仲間の中で最大種のオオアリクイの前足の爪は非常に鋭く、アリクイの生息地域の最強捕食者、ジャガーですら、その前足の一撃を喰らってしまうと、時にそれが致命傷となることもあるんです。

また、人間もこの爪の餌食になった例もあり、国外の動物園の飼育員の方が、オオアリクイに襲われ、その爪の傷が元で亡くなってしまった事故も実際にあるんですね。

おっとりとしたイメージが強い、アリクイですが、その裏には超強力な自衛武器を持っている顔が隠されているんです。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、自分の体の一部を鋭い爪や角、牙に進化させて身を守る動物たちを厳選して4種ご紹介させていただきました。今回ご紹介した動物たちの他にも、鹿の仲間など、立派な角を携えた動物たちもおりまして、自然界で巧みに生活する動物たちの逞しさがこうやって見ると、本当によくわかり、同時に進化の奥深さを感じずにはいられませんよね。

捕食動物に対抗すべく、自らも武器を取りそれに対抗する。これも超有効な防護策といえそうです。ではでは、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

~関連記事~

【超防御力!】素晴らしすぎる防御性能を持った動物たち

こんにちは。えたばりゅです。 今回は、動物たちの防御力にスポットを当ててみたいと思います。文字通りの弱肉強食の自然界。その自然界では一歩間違うと、自分が他の動物の糧となってしまう厳しい世界。そんな世界 ...

続きを見る

【超防御力!】巨大進化して捕食動物から身を守る動物たち5選

こんにちは。えたばりゅです。 今回は屈強な捕食動物たちひしめく自然界で、日々自分たちの能力を駆使して身を守る非捕食動物たちの防御力にスポットを当てて、その中でも自らの体を巨大化させることによって捕食動 ...

続きを見る

【超防御力!】自分の体の一部を針や鎧に進化させた動物たち5選

こんにちは。えたばりゅです。 今回は屈強な捕食動物たちひしめく自然界で、日々自分たちの能力を駆使して身を守る被捕食動物たちの防御力にスポットを当てて、その中でも自らの体の一部を針や鎧に進化させることに ...

続きを見る

牛と鹿の違い 果たしてあなたは見分けることができるか!?実はここを見れば一発

こんにちは。えたばりゅです。 今回は、動物の雑学知識をお伝えしたいと思います。テーマは「牛」と「鹿」の違いについて。 ・・・ はい。あなたの言いたいことは分かっております。でも記事を読み終わる頃には、 ...

続きを見る

 

仲間募集!

-動物雑学
-, ,