動物雑学

動物雑学 ミズカマキリはカマキリではありません

更新日:

こんにちは(^^♪えたばりゅです。

このコーナーでは、動物に関する雑学などを取り扱っていきたいと思います。

あなたが生きる上で、必ずしも身につけないとならない必要な知識ではありませんが、色々な動物に興味を持つきっかけになったり、飲み会の話のネタに使えたりと、何かと便利なコンテンツになっていますので、ぜひ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

ミズカマキリはカマキリにあらず。その意外な仲間とは??

ミズカマキリは田んぼや水路、小川などに生息する水棲昆虫の仲間で、タガメと違い、少し郊外の田んぼなどでは、まだ比較的目にすることができます。小さい頃、夏休みなどに帰省した際、ゲンゴロウやミズカマキリなど、水棲昆虫を探して、走り回った思い出もあるのではないでしょうか。

私も、夏休みに従兄と近くの小川にカエルを取りに出かけ、ミズカマキリを発見したときは、従兄共々興奮した思い出があります。

その名前の通り、カマキリを細くしたような容姿をしており、陸上のカマキリと同じく、その鎌のような前脚は健在で、その前足でカエルやオタマジャクシ、メダカなどの小魚をとらえて捕食します。

でも、実は

ミズカマキリはカマキリじゃないんです。

実はカマキリとは程遠い、あの昆虫の仲間

上の画像じゃ、ちょっと見にくいと思うんで、分かりやすくした画像をお見せすると

こちら。

で、こっちが陸上のカマキリ

やっぱ、カマキリにそっくり。いや、むしろカマキリですよね。

でも、分類上はミズカマキリはカマキリとは全く別の系統の昆虫になるんです。

なんだと思います??

せっかくなのでシンキングタイムにしましょうか。

では、

シンキングタ~イム!!

・・・

・・・ ・・・

・・・ ・・・ ・・・

はい!

いかがでしょう。わかりました??

じつはですね

カメムシの仲間なんです。

結構意外でしょ。

陸上のカマキリの分類は

昆虫網カマキリ目

対して、ミズカマキリの分類は

昆虫網カメムシ目

に属する昆虫なんです。

鎌まで持ってて、姿かたちはカマキリそのものといっても過言ではない、ミズカマキリですが分類上はカメムシの仲間なんですね。

ちなみに言えば、同じような形状をしている

タイコウチ

そして、今ではかなり希少昆虫になってしまった

タガメ

こちらも、同じくカメムシ目に属する昆虫になります。

でも、なんでカメムシの仲間がカマキリのような姿かたちになっていったのでしょうか。これには、狩りの際のスタイルに関係があると考えられています。

カマキリと同じような形になった理由

おそらく、これも※収斂進化(しゅうれんしんか)の事例の一つといえますが、カマキリもミズカマキリも狩りのスタイルがほぼおんなじなんですね。

※収斂進化とは全く別の系統で生息環境も違う生物が、同程度の生態系の位置に収まった時、姿かたちが似通った姿に進化を遂げることをいいます。

そのスタイルとはいわゆる

待ち伏せ

周りの環境に合わせて、擬態をしてじっと獲物を待ち・・・

獲物が射程距離に入った段階で目にもとまらぬ速さで仕留める。

というスタイルを取り入れております。

ですので、獲物が射程距離に入った段階で、しっかりと逃さないように、前脚が鎌状に進化したのだと考えられております。

また、カマキリにせよ、ミズカマキリにせよ、生息する環境下では生態系の上位に君臨する昆虫。

同じような狩りの手法を繰り返すうちに、両者共々似たような形状に進化したのでしょう。

進化っていうのは、本当にすごいものですね。

ちなみに収斂進化した動物たちの他の例として、

  • タヌキとアライグマ
  • モグラと昆虫のケラ

などがおります。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、ミズカマキリの意外な事実についてご紹介させていただきました。形状が同じだからって同じ分類とは限らないところが、自然界の面白いところですよね。

トリビア的要素ですが、ちょっと興味深いお話ではないでしょうか。

ではでは、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

-動物雑学
-,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.