日本の固有種手帳

日本の固有種動物一覧【両生類編】

こんにちは。えたばりゅです。

こちらでは、日本に住む固有種(亜種含む)を両生類にフォーカスしてご紹介しております。

日本固有種の動物たち【両生類編】

レッドリスト区分については環境省が定める区分に則り掲載しておりますので、IUCN(国際自然保護連合)が定める区分とは相違がある場合があります。

また「【-】(ランク外、未評価)」に分類されている種においても、その多くの種が各地域別では準絶滅危惧以上の懸念があります。

詳しくは環境省が発信している日本のレッドデータ検索システムをご覧ください.

保全状況の区分けカテゴリに関する詳細はこちらでお伝えしております。

IUCN(国際自然保護連合)が定める保全状況の種類を分かりやすくご紹介

尚、種別の生息地につきましては、例外を除き、自然分布の地域を掲載しておりますので、現在生息地ではあるものの、人為的要素が絡む地域などは記載していない場合があります。

日本の固有種【爬虫類】有尾目

イモリ科

アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster
  • 英名:Japanese fire belly newt
  • 生息地:本州、四国、九州とその周辺諸島(北海道、伊豆諸島に国内外来種として生息)
  • 環境省が定める保全状況:【-】
シリケンイモリ(Cynops ensicauda
  • 英名:Sword-tail newt
  • 生息地:奄美諸島、沖縄諸島
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ B類)
イボイモリ(Echinotriton andersoni
  • 英名:Anderson's crocodile newt
  • 生息地:南西諸島
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ B類)

オオサンショウウオ科

オオサンショウウオ(Andrias japonicus
  • 全長:約60cm(最大約1.5m)
  • 英名:Japanese giant salamander
  • 生息地:岐阜県から西側の本州、四国、九州の一部
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧Ⅱ類)

サンショウウオ科

アベサンショウウオ (Hynobius abei
  • 全長:約10cm
  • 英名:Abe's salamander
  • 生息地:京都府(与謝野町)、兵庫県(豊岡市)、石川県(小松市、能美市)、福井県(あわら市、越前町、美浜町、若狭町)、
  • 環境省が定める保全状況:CR(絶滅危惧Ⅰ A類)
イシヅチサンショウウオ( Hynobius hirosei
  • 全長:約15cm
  • 英名:Isizuchi salamander
  • 生息地:四国
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
エゾサンショウウオ (Hynobius retardatus
  • 全長:約15cm
  • 英名:Hokkaido salamander
  • 生息地:北海道
  • 環境省が定める保全状況:【-】
オオイタサンショウウオ (Hynobius dunni
  • 全長:約15cm
  • 英名:Oita salamander
  • 生息地:大分県、熊本県、宮崎県、高知県(宮崎、高地には一部の地域のみ)
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧Ⅱ類)
オオダイガハラサンショウウオ (Hynobius boulengeri
  • 全長:約15cm
  • 英名:Odaigahara salamander
  • 生息地:奈良県、三重県、和歌山県の一部
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧Ⅱ類)
オキサンショウウオ (Hynobius okiensis
  • 全長:約12cm
  • 英名:Oki salamander
  • 生息地:島根県隠岐島後島
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧Ⅱ類)
カスミサンショウウオ (Hynobius nebulosus
  • 全長:約10cm
  • 英名:Clouded salamander
  • 生息地:福岡県、佐賀県、熊本県、鹿児島県
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧Ⅱ類)
クロサンショウウオ (Hynobius nigrescens
  • 全長:約15cm
  • 英名:Japanese black salamander
  • 生息地:東北地方、石川県、新潟県、福井県、富山県、茨城県北部、岐阜県、群馬県、埼玉県北西部、栃木県、長野県
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ツシマサンショウウオ( Hynobius tsuensis
  • 全長:約12cm
  • 英名:Tsushima salamander
  • 生息地:長崎県対馬島
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
トウキョウサンショウウオ (Hynobius tokyoensis
  • 全長:約10cm
  • 英名:Tokyo salamander
  • 生息地:福島県一部地域、茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、栃木県
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧Ⅱ類)
トウホクサンショウウオ( Hynobius lichenatus
  • 全長:約13cm
  • 英名:Tohoku salamander
  • 生息地:東北地方、新潟県、群馬県、栃木県北部
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
ハクバサンショウウオ( Hynobius hidamontanus
  • 全長:約8cm
  • 英名:Hakuba salamander
  • 生息地:富山県、新潟県青海町、長野県白馬村、岐阜県
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ A類)
ヒダサンショウウオ( Hynobius kimurae
  • 全長:約15cm
  • 英名:Hida salamander
  • 生息地:関東地方より西側の本州(和歌山県以外)
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
ブチサンショウウオ (Hynobius naevius
  • 全長:約12cm
  • 生息地:九州
  • 環境省が定める保全状況:【-】
コガタブチサンショウウオ( Hynobius yatsui
  • 全長:約9cm
  • 英名:Smaller blotched salamander
  • 生息地:岐阜県、愛知県、滋賀県、奈良県、和歌山県、大阪府、四国、九州(長崎県以外)
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
ベッコウサンショウウオ (Hynobius stejnegeri
  • 全長:約15cm
  • 英名:Amber coloured salamander
  • 生息地:熊本県、宮崎県、鹿児島県北部
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧 Ⅱ類)
ホクリクサンショウウオ( Hynobius takedai
  • 全長:約10cm
  • 英名:Hokuriku salamander
  • 生息地:石川県、富山県
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧 ⅠB類)
ハコネサンショウウオ (Onychodactylus japonicus
  • 全長:約15cm
  • 英名:Japanese clawed salamander
  • 生息地:本州
  • 環境省が定める保全状況:【-】

日本の固有種【爬虫類】無尾目

アオガエル科

シュレーゲルアオガエル(Rhacophorus schlegelii
  • 全長:約4cm
  • 英名:Schlegel's green tree frog
  • 生息地:本州、四国、九州及び左記地域に属する一部諸島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
モリアオガエル(Rhacophorus arboreus
  • 全長:約5cm
  • 英名:Forest green tree frog
  • 生息地:本州及び新潟県佐渡ヶ島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
アマミアオガエル(Rhacophorus viridis amamiensis
  • 全長:約5~7cm
  • 英名:Amami green tree frog
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、徳之島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
オキナワアオガエル(Rhacophorus viridis viridis
  • 全長:約5~7cm
  • 英名:Okinawa green tree frog
  • 生息地:沖縄県伊平屋島、沖縄島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ヤエヤマアオガエル、別名オーストンアオガエル(Rhacophorus owstoni
  • 全長:約5~7cm
  • 英名:Owston's Green Tree Frog
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
カジカガエル(Buergeria buergeri
  • 全長:約3~8cm
  • 英名:Kajika frog
  • 生息地:本州、四国、九州、長崎県五島列島
  • 環境省が定める保全状況:【-】

アカガエル科

ニホンアカガエル(Rana japonica
  • 全長:約5cm
  • 英名:Japanese brown frog
  • 生息地:本州、四国、九州及び左記地域に属する一部諸島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ツシマアカガエル(Rana tsushimensis
  • 全長:約3.5cm
  • 英名:Tsushima brown frog
  • 生息地:長崎県対馬島
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
リュウキュウアカガエル(Rana ulma
  • 全長:約4cm
  • 英名:Ryukyu brown frog
  • 生息地:沖縄島、久米島
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
ヤマアカガエル(Rana ornativentris
  • 全長:約6cm
  • 英名:Montane brown frog
  • 生息地:本州、四国、九州及び新潟県佐渡ヶ島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
タゴガエル(Rana tagoi
  • 全長:約4cm
  • 英名:Tago's brown frog
  • 生息地:本州、四国、九州及び長崎県五島列島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ナガレタゴガエル(Rana sakuraii
  • 全長:約4~5cm
  • 生息地:中国地方から関東地方にかけて
  • 環境省が定める保全状況:【-】
オキタゴガエル(Rana tagoi okiensis
  • 全長:約4cm
  • 生息地:島根県隠岐の島(島後)
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
ヤクシマタゴガエル(Rana tagoi yakushimensis
  • 全長:約4.5cm
  • 生息地:鹿児島県屋久島
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
ナゴヤダルマガエル(Pelophylax porosus brevipodus
  • 全長:約6cm
  • 英名:Nagoya daruma pond frog
  • 生息地:愛知県から広島県、香川県
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ B類)
トウキョウダルマガエル(Pelophylax porosus porosus
  • 全長:約6cm
  • 英名:Tokyo daruma pond frog
  • 生息地:宮城県から関東平野にかけて、長野県、新潟県
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
イシカワガエル(Rana ishikawae
  • 全長:約10cm
  • 英名:Isikawa's frog
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、沖縄島(北部)
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ B類)
ハナサキガエル(Odorrana narina
  • 全長:約5~6cm
  • 英名:Okinawa tip-nosed frog、Ryukyu tip-nosed frog
  • 生息地:沖縄島(北部)
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧 Ⅱ類)
オオハナサキガエル(Odorrana supranarina
  • 全長:約11cm
  • 英名:Large tip-nosed Frog
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
コガタハナサキガエル(Odorrana utsunomiyaorum
  • 全長:約11cm
  • 英名:Utsunomiya's frog
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ B類)
アマミハナサキガエル(Odorrana amamiensis
  • 全長:約5~10cm
  • 英名:Amami tip-nosed frog
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、徳之島
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧 Ⅱ類)
アマミハナサキガエル(Odorrana amamiensis
  • 全長:約5~10cm
  • 英名:Amami tip-nosed frog
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、徳之島
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧 Ⅱ類)
ヤエヤマハラブチガエル(Nidirana okinavana
  • 全長:約5~10cm
  • 英名:Yaeyama harpist Frog
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧 Ⅱ類)
オットンガエル(Rana subaspera
  • 全長:約12cm
  • 英名:Otton Frog
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、加計呂麻島
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ B類)
ホルストガエル(Babina holsti
  • 全長:約12cm
  • 英名:Holst's frog
  • 生息地:沖縄県渡嘉敷島、沖縄島(北部)
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ B類)
ハロウエルアマガエル(Hyla hallowellii
  • 全長:約5cm
  • 英名:Hallowell's tree frog
  • 生息地:鹿児島県奄美大島から沖縄県沖縄島北部、沖縄県西表島
  • 環境省が定める保全状況:【-】

ヒキガエル科

ニホンヒキガエル(Bufo japonicus japonicus
  • 全長:約7~17cm
  • 英名:Japanese toad
  • 生息地:岐阜県から近畿南部、山陽地方、四国、九州、および鹿児島県屋久島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
アズマヒキガエル(Bufo japonicus formosus
  • 全長:約6~18cm
  • 英名:Japanese common toad
  • 生息地:東北から近畿、山陰地方
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ナガレヒキガエル(Bufo torrenticola
  • 全長:約7~16cm
  • 英名:Japanese common toad
  • 生息地:北陸地方から紀伊半島にかけて
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ミヤコヒキガエル(Bufo gargarizans miyakonis
  • 全長:約7~16cm
  • 英名:Miyako toad
  • 生息地:沖縄県、伊良部島、宮古島
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)

ヌマガエル科

サキシマヌマガエル(Fejervarya sakishimensis
  • 全長:約5cm
  • 英名:Sakishima rice frog
  • 生息地:沖縄県宮古諸島、八重山諸島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ナミエガエル(Limnonectes namiyei
  • 全長:約8cm
  • 英名:Namiye's frog
  • 生息地:沖縄県沖縄島北部
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧Ⅰ B類)

こちらは随時更新中です。新しい発表や新しい種の発見、または種の追加があり次第アップさせていただきます。

-日本の固有種手帳
-,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.