日本固有種の昆虫たち

日本の固有種一覧【均翅亜目(イトトンボ亜目)、均翅不均翅亜目(ムカシトンボ)編】

更新日:

こんにちは。えたばりゅです。

こちらでは、日本に住む固有種(亜種含む)の昆虫、蜻蛉目(トンボ目)の仲間、その中でも「均翅亜目(イトトンボ亜目)、均翅不均翅亜目(ムカシトンボ)」に属するトンボの仲間をご紹介しております。

日本固有種の昆虫たち【均翅亜目(イトトンボ亜目)、均翅不均翅亜目(ムカシトンボ)編】

レッドリスト区分については環境省が定める区分に則り掲載しておりますので、IUCN(国際自然保護連合)が定める区分とは相違がある場合があります。

また「【-】(ランク外、未評価)」に分類されている種においても、その多くの種が各地域別では準絶滅危惧以上の懸念があります。

詳しくは環境省が発信している日本のレッドデータ検索システムをご覧ください.

保全状況の区分けカテゴリに関する詳細はこちらでお伝えしております。

IUCN(国際自然保護連合)が定める保全状況の種類を分かりやすくご紹介

尚、種別の生息地につきましては、例外を除き、自然分布の地域を掲載しておりますので、現在生息地ではあるものの、人為的要素が絡む地域などは記載していない場合があります。

日本の固有種【昆虫 均翅亜目(イトトンボ亜目アオイトトンボ科】

ホソミオツネントンボ属

オガサワラアオイトトンボ【小笠原青糸糸蜻蜓】(Indolestes boninensis
  • 体長:約4cm
  • 生息地:東京都小笠原(弟島)※父島では絶滅
  • 環境省が定める保全状況:CR(絶滅危惧 ⅠA類)

日本の固有種【昆虫 均翅亜目(イトトンボ亜目イトトンボ科】

アカメイトトンボ属

アカメイトトンボ【赤目糸蜻蜓】(Erythromma humerale
  • 体長:約3.5cm
  • 生息地:北海道の一部地域
  • 環境省が定める保全状況:CR(絶滅危惧 ⅠA類)

アオモンイトトンボ属

オガサワライトトンボ【小笠原糸蜻蜓】(Ischnura ezoin
  • 体長:約3.5cm
  • 生息地:東京都小笠原諸島
  • 環境省が定める保全状況:VU(絶滅危惧 Ⅱ類)

日本の固有種【昆虫 均翅亜目(イトトンボ亜目ヤマイトトンボ科】

トゲオトンボ属

シコクトゲオトンボ【四国棘尾蜻蜓】(Rhipidolestes hiraoi
  • 体長:約4cm
  • 生息地:四国の山間渓流地域
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ヤクシマトゲオトンボ【屋久島棘尾蜻蜓】(Rhipidolestes yakusimensis
  • 体長:約4cm
  • 生息地:九州、鹿児島県屋久島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
アマミトゲオトンボ【奄美棘尾蜻蜓】(Rhipidolestes amamiensis amamiensis
  • 体長:約4cm
  • 生息地:鹿児島県奄美諸島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
トクノシマトゲオトンボ【徳之島棘尾蜻蜓】(Rhipidolestes amamiensis tokunoshimensis
  • 体長:約4cm
  • 生息地:鹿児島県徳之島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
コシキトゲオトンボ【甑島棘尾蜻蜓】(Rhipidolestes asatoi
  • 体長:約4cm
  • 生息地:鹿児島県甑島列島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
オキナワトゲオトンボ【沖縄棘尾蜻蜓】(Rhipidolestes okinawanus
  • 体長:約4cm
  • 生息地:沖縄県本島北部、渡嘉敷島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
ヤンバルトゲオトンボ【山原棘尾蜻蜓】(Rhipidolestes shozoi
  • 体長:約4cm
  • 生息地:沖縄県本島北部山原地域
  • 環境省が定める保全状況:【-】

日本の固有種【昆虫 均翅亜目(イトトンボ亜目ハナダカトンボ科】

ハナダカトンボ属

ハナダカトンボ(Rhinocypha ogasawarensis
  • 体長:約3cm
  • 生息地:東京都小笠原諸島(安定生息は兄島、弟島のみ、父島では絶滅)
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧 ⅠB類)
ヤエヤマハナダカトンボ(Rhinocypha uenoi
  • 体長:約3cm
  • 生息地:沖縄県西表島
  • 環境省が定める保全状況:【-】

日本の固有種【昆虫 均翅亜目(イトトンボ亜目モノサシトンボ科】

ルリモントンボ属

マサキルリモントンボ(Coeliccia ryukyuensis amamii
  • 体長:約4.5cm
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、徳之島
  • 環境省が定める保全状況:【-】
リュウキュウルリモントンボ(Coeliccia ryukyuensis ryukyuensis
  • 体長:約4.5cm
  • 生息地:沖縄県本島、周辺諸島
  • 環境省が定める保全状況:【-】※伊平屋島、慶良間諸島についてはLP(絶滅の恐れがある地域個体群)
マサキルリモントンボ(Coeliccia flavicauda masakii
  • 体長:約4.5cm
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:EN(絶滅危惧 ⅠB類)

グンバイトンボ属

グンバイトンボ【軍配蜻蛉】(Platycnemis fliacea sakakii
  • 体長:約4cm
  • 生息地:関東地方から西側の本州、四国、九州
  • 環境省が定める保全状況:NT(準絶滅危惧)
アマゴイルリトンボ【雨乞瑠璃蜻蛉】(Platycnemis fliacea sakakii
  • 体長:約3.5cm
  • 生息地:青森県、山形県、福島県、新潟県、長野県
  • 環境省が定める保全状況:【-】

日本の固有種【昆虫 均翅亜目(イトトンボ亜目カワトンボ科】

カワトンボ属

アサヒナカワトンボ【朝比奈川蜻蛉】(Mnais pruinosa
  • 体長:約5.5cm
  • 生息地:新潟県から九州にかけて
  • 環境省が定める保全状況:【-】

クロイワカワトンボ属

クロイワカワトンボ【黒岩川蜻蛉】(Psolodesmus mandarinus kuroiwae
  • 体長:約5.5cm
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:【-】

アオハダトンボ属

ミヤマカワトンボ【深山川蜻蛉】(Calopteryx cornelia
  • 体長:約7.5cm
  • 生息地:北海道から鹿児島県屋久島にかけて
  • 環境省が定める保全状況:【-】

タイワンハグロトンボ属

リュウキュウハグロトンボ【琉球羽黒蜻蛉】(Matrona basilaris japonica
  • 体長:約5cm
  • 生息地:鹿児島県奄美大島、徳之島、沖縄県本島山原地域
  • 環境省が定める保全状況:【-】

日本の固有種【昆虫 均翅亜目(イトトンボ亜目ミナミカワトンボ科】

ミナミカワトンボ属

コナカハグロトンボ(Euphaea yaeyamana
  • 体長:約3.5cm
  • 生息地:沖縄県石垣島、西表島
  • 環境省が定める保全状況:【-】

日本の固有種【昆虫 均翅不均翅亜目(ムカシトンボ亜目】

ムカシトンボ科

ムカシトンボ【昔蜻蜓】(Epiophlebia superstes
  • 体長:約5cm
  • 生息地:北海道から九州にかけて
  • 環境省が定める保全状況:【-】

-日本固有種の昆虫たち
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.