自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

動物・自然とのwinwinのために 憧れのカリスマ図鑑

太古のカリスマ 恐竜2

投稿日:2017年3月3日 更新日:

こんにちは(^^)

本日はお雛祭りですね(^^♪
しかしながら、お雛様関連の記事はさすがに、今の私えたばりゅの守備範囲では、レベルが高すぎるので、2日のお雛祭りイヴ、そして3月3日本番に敢えて、男の子まっしぐらな記事にしようと思った天邪鬼真っ盛りのえたばりゅです。

そんなわけで、先日に続き、憧れの太古のカリスマ、恐竜たちについてご紹介しようと思います。今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

太古のカリスマ 恐竜と魅惑のタイムカプセル

前編は、私えたばりゅが憧れる恐竜の中でも、特にカリスマ的存在感がある、ティラノサウルスレックス(T-REX)とスピノサウルスを主にご紹介させて頂きましたが、今回は後編としまして、恐竜博2016に展示されていた植物食恐竜などをご紹介させて頂きます。

豊かな形状と防御性能を持った植物食恐竜たち

まずはこちらの恐竜。ティラノサウルスレックスのライバル的存在として有名な、トリケラトプスに代表される角竜類に属する恐竜の一種で、名前をカスモサウルスといいます。この恐竜の特徴は何といってもこの顔についているフリル。御覧のとおり、かわいらしいハート形をしていました。そんなフリル、その形状が表しているように、その役割はオスがメスに求愛する時にメスに対するディスプレイとして使ったと考えられています。

また盾としても優秀な役割を果たしており、攻撃を受けると致命傷になってしまう可能性がある首周りを、天敵である肉食恐竜から守ったりする役割を担っていたようです。そして、防御をしながら鼻の先端についている角で相手を攻撃し、肉食恐竜から身を守っていたと考えられております。

そしてこちらがハドロサウルス類のパラサウロロフスの頭部の骨格。一度見ると絶対に忘れられない見事な頭部の形状ですよね。角・・・と呼べばいいのでしょうかね。いや、突起物かな・・・。こちらにもその見かけに違わず、重要な役割があったと考えられております。

この角の中は鼻腔と連携しており、嗅覚を発達させて外敵である、肉食恐竜の匂いを少しでも早く察知するように進化したと考えられています。

また、この長い空洞はトロンボーンのような形状になっていて、その突起物を利用することにより、かなり広範囲へと響き渡る鳴き声を発することができました。そして、メスよりもオスの方が大きかったとされており、こちらも求愛のディスプレイに使用されていた可能性もあります。

そして、お邪魔した恐竜博2016では、その鳴き声の再現したものを拝聴できるコーナーもありました。

こちらは、パラサウロロフスの成獣と幼獣、それぞれの鳴き声を再現したものを拝聴できるコーナーになります。やはり成獣の方が突起物が長い分、その鳴き声も大きくより広範囲に響き渡るような鳴き声をしていました。

それにしても、骨格からの分析で、その恐竜が発していた鳴き声まである程度分かってしまうのですね。最新の研究というものは本当にすごいものです。

そういえばこのパラサウロロフス。1997年に公開されたロストワールド/ジュラシックパーク(ジュラシックパーク2)でハンターにプレスリー頭と呼ばれていましたw さすが本場ならではの例えですよね(^^♪

そして、今回見た植物食恐竜の中でも私的に一番強烈なインパクトを与えてくれたのがこちら。


どど~~んww

素晴らしくナイスなフォルムだと思いませんか。私えたばりゅ。見た瞬間、すっかりファンになってしまいました(^^♪ 特徴は言うまでもないと思うのですが、この宇宙人のような角・・・やはりこちらも突起物の方が妥当かな。と、なんでも挟めそうなこのクリップのような口の形状につきます。

因みにこのような口の形状は、少し前に 憧れのカリスマたち サイ編 でご紹介したシロサイにも通ずるものがありますよね。

このインパクト絶大の平べったい口にも立派に役割があり、草を食むときにできるだけ多くの草を一度に摂取するような形状に進化したと考えられています。効率化ゆえの進化形態ということですね(^^)

こちらが頭部の骨格。

そして、こちらが復元予想図になります。

骨格標本だとそのインパクトは強烈ですが、復元予想図を拝見すると、そのインパクトさはかなり和らぐのではないでしょうか。そういえば、その洗練すぎる姿ですっかり名前を紹介するのを忘れていましたが、上の復元予想図の通り、この恐竜はハドロサウルス類のチンタオサウルスという恐竜で、その名の通り中国の青島地方で最初の化石が発見されたことから、その名前がつきました。

そして、この突起物も、先ほどのパラサウロロフスと同じく、外敵である肉食恐竜の匂いを少しでも早く察知する役割と、求愛時のディスプレイ的な役割があったと考えられています。

あの映画で有名になったもう一つの存在

今までさほど認知されていなかったスピノサウルスが、あのティラノサウルスレックス(T-REX)にも肩を並べるほど有名になった過程としてジュラシックパーク3の上映が多大な影響を及ぼしたことは前回ご紹介しましたが、ジュラシックパークシリーズが有名にした存在は、スピノサウルスの他にもう一つあるんです。それはなにかというと、ご存知、琥珀なんです。

 

私えたばりゅも、ジュラシックパークで初めて琥珀というものの存在を知りました。琥珀はアンバーともよばれ、樹液などの天然樹脂が化石化したものです。その美しさから装飾品にも利用されます。

そしてこの琥珀の中には稀にではあるのですが、その当時生活していた昆虫などが樹液に閉じ込められてしまい、そのまま化石なったものもあり、当時の様子を知る手だてとして、かなり重宝されています。

 

やはりその美しさには目を見張るものがあります。(・・・閉じ込められる生き物たちからすれば、恐怖以外の何ものでもないでしょうが。)そして、琥珀というタイムカプセルが現代に運んできたものは、昆虫などの生き物ばかりではなく、恐竜のものと推察される羽毛なども入っていることがあります。もちろん、そちらの方も最新の情報として貴重な研究材料になっています。

最後に

いかがだったでしょうか。このような大きな生物たちが闊歩していた時代。本当に想像は絶えないですよね。また、大ヒット映画の影響って改めてすごいものだと思います。

スピノサウルスが有名になることによって、それがもたらした経済効果は計り知れないものだと思いますし、こちら琥珀についてもそうだと思います。

恐竜博2016において恐竜たちについて学ばせて頂いたことは多くありました。恐竜たちが変温動物ではなく、恒温動物であった可能性があるという事。もしくは、現在のマグロやホホジロザメのように中温動物だった可能性があること。そして、意外に日本でも化石の発見例は多い事。

いや~~♪ 博物館というのは本当に楽しく勉強できる場所ですよね。遊園地などのアミューズメント施設ももちろん楽しいですが、このような博物館で賢く(成長した気にw)なるのも本当にいいものですね(^^)。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

おまけ

こちら、マウソニアというシーラカンスの一種でその種の中では最大級の大きさを誇っているようです。こちらの骨格から推定される全長は何と3.5m強!少し前に あこがれのカリスマたち シーラカンス編 でご紹介した現存するシーラカンス、ラティメリアの平均全長が約1.6mなので約2倍大きさがありますね。全長で倍の大きさがあるということは体重はもっと重かった可能性が高いので、その大きさの見た目は迫力モノだったと思います。

もちろんシーラカンス類は恐竜たちが生まれる以前の古代から生息はしていますが、魚類にあたる生物で恐竜ではありません。一応念のため・・・。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ

-動物・自然とのwinwinのために, 憧れのカリスマ図鑑
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

憧れのカリスマたち

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は前回の憧れのカリスマたち シャチ の続きの記事になります。前回の予告通り、今回はシャチの食性とその生態についてご紹介したいと思います。ではでは、今回も最後まで …

魅惑の3R活動

こんにちは。えたばりゅです(^^) いや~~、深海の御心♪ありがとうございますm(__)m 来てくださっていなかったら私えたばりゅ。どうしよう・・・(´゚д゚`)と不安になっていたところであります。で …

憧れのカリスマ達

こんにちは。えたばりゅです(^^) このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹 …

憧れのカリスマ達

こんにちは。えたばりゅです(^^) このコーナーは、旧ブログからご紹介しているカテゴリで、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと …

魅惑の地の自然たち プラス1(ワン)

こんにちは。えたばりゅです(^^) 突然ですが一度行きたい国というのはありますでしょうか。やはり、人それぞれあこがれる国・もしくは一度は行きたい国というのはあるかと思います。そのお方によっては、行きた …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ

本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ 高天原の縁側日記

相互リンク随時募集中♪

相互リンクにおいては、ブログジャンルは問いませんが、オーナー様の思いなどが当ブログの内容と合致していない場合、お断りさせていただくケースがございます。m(__)m