日本の危険動物

危険動物 イモガイ

更新日:

こんにちは(^^)今日、今年初めてのセミの声を聴いたえたばりゅです。
最近はめっきりと気温も上がり、絶好の行楽シーズンとなりましたよね。これからの時期、海や山にお出かけになる方も多いのではないでしょうか。とくにあと1ヶ月もすれば海開きも行われ、もう今のうちから海水浴の計画を立てておられる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、やはり海水浴も飲酒での遊泳や極度の日焼けによる熱中症。また、おぼれてしまうリスクなど、注意すべき点はたくさんあるかと思います。

そんな中で忘れがちなのが、やはり海に住む危険で注意すべき動物たち。陸に住む動物同様、海にも様々な危険動物たちがおり、力に物を言わせるタイプ。毒を持って相手を制するタイプなど様々です。日本近海において力にモノをいわせるパワータイプの動物はあまり見る機会がないですが、意外と多いのが毒を持つ動物たち。

中には、対処が遅れると命に危険が及ぶような毒をもつ動物たちも生息しております。このコーナーではそういった危険で警戒すべき動物たちにスポットを当ててご紹介させていただき、動物、人お互いの安全のために極力遭遇を防ぐための方法などをご紹介したいと思います。

今回ご紹介する危険動物な御仁は貝の一種である、イモガイ。・・・え??貝??しかもイモガイ?イモって( *´艸`)って思ったそこのアナタ。侮ってはいけませんぞ(`・ω・) 貝にも非常に危ない注意すべき存在がいるんです。特にイモガイは強烈な毒をもっております。ではでは今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

危険動物 イモガイ

イモガイはイモガイ科イモガイ亜科に属する貝の総称になり様々な種類のイモガイ科の貝が世界中の暖かい海域の海を中心に生息しております。日本でも、石川県・千葉県より南の海域で主に生息しており、特に沖縄県には多くの種類のイモガイが生息しており、その多くの種が綺麗な貝殻を有しているのが特徴です。でも、毒があるにしても食べなければ大丈夫でしょ。って思った方。

非常に危ないです。

では、イモガイのもう一つの特徴についてご紹介仕様と思います。

イモガイ それは超攻撃型の貝

普通貝類といえば、水中に漂うプランクトンを摂取していることが多いのですが、このイモガイは肉食の貝で、小魚や他の貝類などを捕食しております。しかし、イモガイもやはり貝の仲間。普通に捕食しようとしても、当然魚のほうが素早いので逃げられてしまいます。そこで、イモガイは秘密兵器の毒ヤリを投入するというわけです。

こちらイモガイが狩りをする様子の動画になりますのでよければご覧下さい。

イモガイの秘密兵器 毒ヤリ

毒ヤリは水管の中に仕込まれており、近くに泳ぐ獲物にそっとその水管を伸ばし毒ヤリを刺します。毒は強烈な神経毒で小魚ほどの大きさであれば瞬時に毒が全身に回り麻痺してしまいます。しかも、この毒ヤリ。しっかりとカエシも付いておりますので、いったん刺さるとめったなことでは抜けません。もちろん、人に対してもその毒は有効で、万が一刺されるとしばらくして強烈な痛みが走り、腫れや嘔吐を伴い、ひどい場合は全身麻痺を引き起こし呼吸不全から死亡してしまうケースもあります。

ちなみにイモガイ一体あたりに人を30人ほど、死に至らしめるに足る毒量を有しているといわれており、とりわけイモガイ科の仲間であるアンボイナ貝はその毒性の強さから、様々な異名を持っております。

アンボイナ貝の持つ恐ろしい異名

  • 葉巻貝:タバコを一服する間に死亡するという意味
  • ハブ貝:沖縄に生息する毒蛇ハブにちなんで
  • ハマナカー:刺されたら陸にたどり着く前に死亡する

いかがでしょう。如何に恐ろしい存在か良く分かるような異名ですよね・・・そして毒の周りが早いということもよく表しております。。。

ちなみにこのアンボイナ貝。沖縄地方だけでなく伊豆諸島や和歌山より南の海に生息しております。

刺されないために

刺されないためには絶対に触らないこと。磯や砂浜などに生息しており、前述したとおり、非常に綺麗な貝殻を有している種がほとんどですので結構目につきやすいです。ですので思わず触りたくなりますが、絶対に触らないようにしましょう。海では一見綺麗に見える動物は本当に要注意と認識していただけましたらと思います。おまけにこのイモガイ氏。

有効な抗毒血清は存在しません。

ですので、刺されてしまうとある意味運を天に任せる状況になってしまいます。命を賭けてまで肝試しをなさりたいなら話は別ですが、刺されると絶対に後悔しますよ(`・ω・)

最後に

いかがだったでしょう。貝にも侮れない御仁がいるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。美しいものには危険がはらんでいる。。。これは、人間の女性でもよくいわr・・・ウォッホン(・・)ノ とにかくは、砂浜や磯場などの潮溜まりで綺麗な貝を見つけても決して近づかないようにしましょうね。

これからの時期、海でのレジャーに出かける機会は多くなるかと思いますので、特に注意したいものですよね。しかしながら、海も彼らの貴重な住処。入る際は出来るだけ注意を払い、また出来るだけ生息地を汚さないように私たちも注意していかなければと思います。そして自然での遊びの際はそこに生息している可能性がある危険動物たちのことも予備知識として頭に入れておいていただくとよいかと思います。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

下記にこれまでご紹介させていただいた危険動物達の記事リンクも掲載しておりますので、良ければご参考いただけましたらと思います。

危険動物 オオスズメバチ

危険動物 イノシシ

危険動物 マムシ

危険動物 アカエイ

危険動物 ヒョウモンダコ

危険動物 オコゼ

危険動物 セアカゴケグモ

危険動物 サメ

危険動物 クラゲ

危険動物 カミツキガメ

-日本の危険動物
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.