自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

日本の危険動物

危険動物 チャドクガ

投稿日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。
これから山々は紅葉シーズンを迎え、山間部にハイキングに行くこともこれから多くなるのではないでしょうか。久しぶりの更新となるこのカテゴリ。今回は山間部はもちろんのこと、街中のちょっとした木々でも、今まさにシーズンを迎えている存在のご紹介です。

いや~~・・・なんというか・・・出来れば避けて通りたかった存在でございます(^^; 私えたばりゅ、動物保護野郎ではございますが、こういった存在はちょっと苦手なもんでして(T▽T) それは、うねうね系でございます。昆虫が苦手でない方もうねうね系はちょっと(T▽T) とおっしゃる方も多いのではないでしょうか。もちろんのこと苦手な方は今回はスルー推奨でございます(・・・っていうか私えたばりゅがスルーしたい(T▽T))

というわけで、今回ご紹介するのはチャドクガという蛾の一種のお子様になります。つまりケムケムでございます・・・。ではでは今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います(T▽T)ヒー

危険動物 チャドクガ


スイマセン(T▽T)画像は成虫が今のえたばりゅには精一杯w

チャドクガは、英名を Tea Tussock Moth。学名を Euproctis pseudoconspersa という、チョウ目ドクガ科の蛾の一種で本州から南であればおおよその場所で生息しております。その名前のとおり毒があります。

では・・・今回はこの辺で・・・

え??もっとちゃんと紹介しろですか(T▽T)

分かりました(T▽T)

成虫にも毒はあるものの、接する機会が少ないですので、これと言って特に私たちに何か影響があることは少ないのですが、私たちに直接影響があるのはやはりお子様、いわゆるケ・・・毛虫でございます(T▽T)ヒー

チャドクガの幼虫がもたらす影響

園芸的影響

チャドクガの幼虫は4月~10月の間に年に2度発生します。そんなチャドクガの幼虫が好んで食べる葉は、ツバキやサザンカなど。こちらは園芸植物でお庭のあるご家庭ならば、植樹されておられるところも多いのではないでしょうか。チャドクガの幼虫はこういったツバキ科の植物の葉を主食としており、放置しておくと葉っぱを全部食べられてしまうことも・・・

ですので、こういった植物を園芸として育ててらっしゃるご家庭は注意が必要になります。

そして、やはりチャドクガの幼虫もいわゆる毛虫の類になり、全身に生えている毛には毒が仕込まれております。

身体的影響

・・・と申しましても、蜂の毒のように時として生命に重大な影響を及ぼすことは少ないです。とはいうものの、さされてしまうと患部が腫れてしまい、かゆみが続きます(長くて半年ほど)。そして、1度刺されると体内に抗体ができるのはハチと同じで、2回目以降は症状が重症化しやすく、ひどい症状の場合にはめまいなどの症状を伴うことがありますので注意が必要になります。

刺されてしまった場合

刺されてしまった場合はしっかりと病院で診察してもらい、抗ヒスタミン軟膏などを処方していただいて下さい。市販の薬では残念ながら効果がないことが多いです。刺された直後は流水で洗い流すか、チャドクガの毒は熱に弱いので、少し熱めのお湯で洗い流すことが応急処置になります。毒針というか毛に近い性質ですので、刺された患部をかきむしったり払うような行為をすると他の場所にもその症状が移ってしまうことがありますので、注意が必要になります。

最後に

いかがだったでしょう。こういった毒虫系は春や夏に比べると少なくなってはきますが、それでもチャドクガのように10~11月ごろまではいる可能性があるので、山間部や街中の緑地公園などに行かれる際はご注意いただけましたらと思います。今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます(T▽T)

下記にこれまでご紹介させていただいた危険動物達の記事リンクも掲載しておりますので、良ければご参考いただけましたらと思います。

危険動物 オオスズメバチ

危険動物 イノシシ

危険動物 マムシ

危険動物 アカエイ

危険動物 ヒョウモンダコ

危険動物 オコゼ

危険動物 セアカゴケグモ

危険動物 サメ

危険動物 クラゲ

危険動物 カミツキガメ

危険動物 イモガイ

危険動物 スッポン

危険動物 ウミヘビ

危険動物 ウツボ

危険動物 ムカデ

危険動物 蚊

宝塚で少年がヤマカガシに咬まれる

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-日本の危険動物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

危険動物 オコゼ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近はめっきりと気温も上がり、絶好の行楽シーズンとなりましたよね。これからの時期、海や山にお出かけになる方も多いのではないでしょうか。とくにあと1ヶ月もすれば海開き …

危険動物 イモガイ

こんにちは(^^)今日、今年初めてのセミの声を聴いたえたばりゅです。 最近はめっきりと気温も上がり、絶好の行楽シーズンとなりましたよね。これからの時期、海や山にお出かけになる方も多いのではないでしょう …

危険動物 クマ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近はめっきりと気温も上がり、絶好の行楽シーズンとなりましたよね。これからの時期、海はもちろんのこと、ハイキング・キャンプなどで山間部にお出かけになる方も多いのでは …

危険動物 セアカゴケグモ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近はめっきりと気温も上がり、絶好の行楽シーズンとなりましたよね。これからの時期、海や山にお出かけになる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、海や山はもちろん …

危険動物 蚊

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近はめっきりと気温も上がり、絶好の行楽シーズンとなりましたよね。これからの時期、海や山にお出かけになる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、海や山はもちろん …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ